連帯保証人とは

保証人とは・・・連帯保証人との違い

保証人・連帯保証人とは、主たる債務者(お金を借りるなどした本人)がお金を返済しない場合に、借りた人に代わって、そのお金を返済することを約束した人のことです。

ただし保証人には、連帯保証人にはない権利があります。「催告の抗弁権」と「検索の抗弁権」です。

催告の抗弁権(民法452条本文)

保証人が債権者から「貸したお金を債務者に代わって返済してほしい」などの請求を受けたとき、まず自分より先に主債務者に対して請求してほしいと主張できる権利です。また、民放455条では、保証人が催告の抗弁権を行使した場合、債権者が主たる債務者への催告を怠ったために弁済を得られなかった債務については、保証人は催告をすれば弁済を得ることができた限度においてその義務を免れることも明記されています。

ただし、主債務者が破産の宣告を受けた場合や行方不明であるときは、催告の抗弁権を行使することはできず(同452条但書)、主債務者に代わって返済を行う義務が発生します。

検索の抗弁権(民法453条)

保証人が、債権者に対し、主たる債務者の財産につき執行をなすまで自己の保証債務の履行を拒むことができる権利。ただし検索の抗弁権を行使するには、主たる債務者に弁済の資力があり、かつ、執行が容易なことを証明しなければならない、と定められています。

また、催告の抗弁権同様、債権者が主たる債務者への請求を怠った場合は、保証人は債権者が直ちに催告または執行をすれば弁済を得ることができた限度において、その義務を免れます(同455条)。

保証人と連帯保証人の違い

保証人には、基本的には主債務者が返済できない場合に代わりに返済する義務がありますが、債務者に返済能力がまだ残っていたり、また債権者が主債務者への請求などを怠った場合などは、全部または一部、返済の義務を免れることができます。

これに反して、連帯保証人には「催告の抗弁権」も「検索の抗弁権」もありません。ですので早い話、主債務者と連帯保証人とは、返済に関して同等の義務があります。債権者の立場から見れば、主債務者か連帯保証人か、どちらか返済してもらいやすい方に請求すればいいということになります。

保証人もそうですが、特に連帯保証人は軽々しく引き受けるべきではありませんし、また、軽々しく他人に頼むものではないといえます。血縁もしくはそれに近いかなり親しい間柄に限定し、またその場合でも慎重に考慮すべきといえるでしょう。

賃貸住宅などの入居には連帯保証人がほぼ必須でしたが、近年では連帯保証人不要の物件なども増えています。また、消費者金融での融資・キャッシングは、通常、原則として保証人・連帯保証人は不要です。逆に個人の少額融資の際に、保証人や連帯保証人が求められるような人は、無理にお金を借りるのではなく、違う対処を考えた方がいいかもしれません。

ホテル部屋当日予約即日宿泊検索サイト集|クレジットカード即日発行【ランキング】 ブログ © 2006 連帯保証人紹介. All Rights Reserved.