保証人とは

連帯保証人とは、契約本人とほぼ同等の義務を求められる人

保証人よりも責任が重い連帯保証人

連帯保証人は、債務や契約に対して主債務者・主契約者と同等・同じ立場の責任を負わされる人のことです。

例えばある融資を受けた人の連帯保証人になった場合、その融資の返済に関して同等の責任を負うことになります。この場合、連帯保証人は、主債務者(お金を借りた本人)の返済が滞った場合はもちろんのこと、滞らない場合でも本人と同じ立場で債務返済を迫られることも(契約上、法律上)ありえます。このことからも、融資(借金、ローン、キャッシングなどを含む)の連帯保証人になるのは、かなり慎重になるべきだといえるでしょう。また逆にいえば、主契約者側も安易に連帯保証人が必要な融資サービスに安易に手を出すべきではないといえます。少なくとも、事業に無関係な友人などを連帯保証人に巻き込むようなことは避けるべきでしょう。

通常、給料日前後でちょっとお金が足りない、休日で銀行が閉まっていてお金が引き出せない、急な冠婚葬祭などでお金が必要な場合などでよく利用される即日融資・キャッシングサービスは、ほとんどが連帯保証人は不要です。

融資以外での連帯保証人

融資・お金を借りる以外の場面でも、たとえば就職時や、賃貸部屋の契約時(入居保証等)に、連帯保証人を求められる場合があります。通常、こういう場合は親や近しい親戚に頼むのことが多いようです。

融資の連帯保証人になってしまうと、最悪の場合借金の返済が滞って金利が雪だるま式に膨れ上がり、主契約者のみならず連帯保証人にも返済不可能な多大な損害が発生する可能性が高いですが、たとえば賃貸住宅の部屋契約者の連帯保証人になる場合だと、主契約者が家賃を滞納してそれを代替しなければならなくなったとしても、返済不可能なほどの大金になる可能性は低く、また入居時などの保証金などで未納家賃が相殺され、結果として連帯保証人の被害は(融資の連帯保証人になるよりは)少ないようです。

とはいえ、主契約者が逃げてしまったりすると、引越しや家具処分などで100万円以上の出費になる場合もあり、また、主契約者が部屋を大破壊してその修理代金を求められる可能性もなくはないわけですし、連帯保証人になる・頼むには慎重な態度が必要なことにはかわりありません。

連帯保証人紹介サービス

通常、親などに頼む連帯保証人ですが、場合によっては頼む当てがない、頼めない人も中にはいるでしょう。そんなとき頼りになるのが、連帯保証人紹介サービスです。

たいていの人は、連帯保証人を親族に頼むことが多いようですが、すでにご両親が亡くなられた場合や、親類が遠くにいたり、定年退職等で収入がない場合などは、親類以外の知人や友人、会社の同僚に保証を頼まなければなりません。しかし、実際に知人や友人に賃貸契約の連帯保証人をお願いするのも気が引けるのではないでしょうか。また、知人にお願いできたとしても、印鑑証明書の発行だとか、会って契約書に記入してもらうだとか、様々な面倒な手続きをお願いすることになり、知人の方も一度は了解したものの、やっぱり止めようと思い始め、土壇場でキャンセルということも考えられます。

連帯保証人紹介サービスをご利用して頂いた場合、そのような気配りは一切必要ありません。連帯保証人は保証人BANKよりご提供致しますので、いつでも保証設定が可能です。


ホテル部屋当日予約即日宿泊検索サイト集|キャッシング クレジットカード 当日部屋予約ブログ | 即日発行クレジットカード © 2008 連帯保証人紹介. All Rights Reserved.